今日の朝練習は久しぶりに全員参加でした。試合前と言う事もありますが、体調不良・修学旅行・テストなど理由はまちまちでしょうがないと思っています。
 しかしレースでの結果の出来不出来には一切関係ありません。レースの言い訳は通用しません。参加者のほとんどはレースの準備は出来ているようです。
 レースの為の練習は基本的に明日木曜日が最後です。レース前日の金曜日は軽く流して水の感覚を確かめる程度の練習で終了です。
 疲れも取れてきて心身ともに充実した調子でレースしてくれる事を期待しています。

 レースが近づき調子が上がってきました。目標がしっかりしている事・どのようなペースで泳ぐとレースに役立つか・スピードはどのようにレースで使うか・失敗はいかにして起きるかなどをしっかり把握している事がまづ大切です。
 目標がはっきりしていて今の自分の力ではどんなペースでいくと良い記録が出るのかペース表を作ってみましょう。そのペースで泳ぐには今日に練習メニューはどのようにやればよいか考える事です。
 自分の建てたレースペースの練習タイムは自分でしっかり貫きとうさなければなりません。強い気持ちでモクフ王を達成する事がレースの自信になります。
 そしてストロークやタイムを克服するには強い集中力が必要となります。集中力もコーチから言われて発揮するものではありません。自分自身がいかにそのタイムで泳ぎたいか、結果への執着心の強さが結果に表れます。それも練習からの拘りがレースに繋がるのだと思います。
 勝ちたい気持ちの強い選手が良い結果を出すには当然と言えば当然です。練習メニューを見たらどのように練習に挑むのかが大切です。まず練習を見たらどのように泳ぐのか、何秒で泳ぐのか決めましょう。苦しくなる前に決める事が大切です。
 人間は苦しさに直面すると弱気になるものです。試合前の少ない練習は泳ぎの質もタイムの強度も思い切り高い所で勝負しましょう。

 日頃月曜休みの我がチームですが、昨日はオフでした。日曜日の練習休み、学校もお休みこんな事は年に何回もありません。家族と久々のお休みを満喫できたと思います。
 その代わりに月曜日の今日は朝から練習をしました。とても寒い朝でしたが試合前に時期なので全員集中して良く頑張ってくれました。
 スピードも徐々に乗り始めてレースが楽しみになってきました。ここで調子に乗って2月のレースに向けてホップ・ステップ・ジャンプと行きましょう。

↑このページのトップヘ