2015年08月

 岩元・春口・私のチームの3チームが一緒に朝練習をしました。ナルミがインカレ前の大切な時期の練習と言うことでしっかりレースを意識して泳いでほしい朝練習でした。
 ナルミに刺激を与えるべく全員一緒にバタフライのメニューで終了しました。チームの最年長でありキャプテンとして皆を引っ張ってほしい選手です。長い選手生活もラスト1年となりました。何とか来年のオリンピック選考会に出場して見本を見せてほしいと思っています。
 各チーム考えが色濃く出ている練習メニューをこなしていました。9時からはとぎたチームと山内チームの2チームが練習をしていました。
 どのチームも特色が出てきました。今後はロング・ミドル・ショートの各チームへと発展して行きそれぞれのチームにそれぞれの練習でエリート選手が多く出てくる事を祈っています。
 明日は月末最終日ですが午後練習が4チームで行われます。8月最後の練習も質の高い効果的な練習をしましょう。

 水泳界では国体が終わるとコーチ研修会の季節を迎えます。我がクラブには上級競泳コーチが5人をはじめとして競泳コーチまたは指導員が数多くいます。基本は全員有資格者を基本としています。
 また幼稚園の体育授業も受け持ったり、成人会員の為に健康運動指導士5名と実践士も常駐しています。
 現在は強化クラスを8名のコーチと遠征などのスペアー2名という贅沢な布陣で強化にも 力をいれています。
 この素晴らしいスタッフのおかげで選手とその卵達がすくすくと育ち始めました。スタッフに感謝しています。現役の選手と巣立って行った先輩たちとの架け橋になることが私のこれからの仕事と考えています。
 「地域で1番愛され信頼されるクラブ」が究極の目標ですが、これを達成するには更なるスタッフ一同の日々の努力。卒業して行った先輩たちと話していると強く感じます。 

 夏休みも終盤になり(学校が始まっている所も多きありますが)宿題は大丈夫でしょうか?競泳の世界でも長水路シーズンも終盤の差し掛かってきました。昔と違い競泳は一年中シーズンの様相ではありますが・・・・。
 噂では来年以降インターハイの標準タイムがかなり上がるようです。準決勝や女子の800M×4リレーも検討されているようですし、我々の時代から続いた4日間の開催日数も3日間へと短縮議題に上っているようです。
 当然参加者を絞らなくては競技会が成り立ちません。九州大会3位までに入賞した選手の本大会への特典も無くなるのかまたは1人とかになるのかもしれません。
 今から早速それに備えた練習に移行していかなければ来年以降にはとても間に合いません。
 我がチームは人数こそ少ないのですが、順番に全国大会や合宿に参加している状態で全員がそろいません。しかし来年を見据えて練習時間の見直しやチーム編成はやっていかなければなりません.。  
 選手コースのスタッフとの打ち合わせの中では、日頃の練習とレース結果などが話し合われます。夏のシーズンの残り少なくなりましたが、目標と夢に向かって頑張る気持ちを再度確認しましょう。                                 

 インターハイの京都からジュニアオリンピックの東京辰巳までの長い遠征が終了しました。全国大会でのレースはかなりのプレッシャーがかかるのでなかなかベストタイムを出すのが難しいのですが、今回の遠征に参加した選手は高い確率でベストタイムを出してくれました。
 ベストタイムで決勝に残れないのはしょうがないです。しかし大変な準備をして戦いに行った全国大会なのです。プレッシャーに押しつぶされた選手は、次には必ずベストタイムが出せるよう精神的にもレベルアップできるように頑張りましょう。
 来月初めには全日本インカレ(浜松)にナルミが、また和歌山国体にはフミカが出場します。最低ベストタイムを出して来季につながるレースをしましょう。
 その他の中学生以下の選手は鹿児島で開催される九州ジュニアで結果を出せるように練習に励みましょう。
 中高生は新人戦も待っていますが、こちら来年につながるレースをお願いします。

 怪物マコちゃん100m背泳ぎ3位、50m背泳ぎ2位。連続でエリート小学生ゲット。ハルナも50m自由形とバタフライで7位に入賞しました。着々とレベルアップしてくれています。
 夢は見るものではなく、実現するもの。実際にやってくれました。今日は保護者の応援だけでなく、先輩の和子が差し入れをもって応援に来てくれました。「ありがとう」先輩も現役も輝いてくれています。ますます夢に向かって努力する仲間の輪が広がっていくことを期待しています。ホノカもベストタイムを期待しています。 

↑このページのトップヘ