2015年11月

 11月も最終日を迎えました。今月の練習を振り返ってみると泳ぎのイメージは伝えられたと思います。練習のトレーニングの部分はスピードの高いレベルの持久部分がもう少し?。そして筋トレは競泳の為にはどこをどのように鍛える事が泳ぎに繋がると言う事は伝えられたのでは・・・。コーチからの一方的な思いですが、選手はどのような感想を持っているのか分かりませんが・・・?
 今度の日曜日に結果と(タイム・レース運び)して表現してくれる事と思います。その後の口頭でも話してくれるようになれば本物かもしれません。
 さて今日は練習オフ、期末テスト中にもかかわらず頑張って勉強と練習を頑張ったてくれました。心も体も疲れた事と思います。しっかりと休みリフレッシュして下さい。
 心の疲れは(精神的な)は6日のレースで良い結果を出すといっぺんに吹き飛ぶと思います。明日の朝はしゃきっとしたエネルギー溢れる笑顔で練習に来てくれる事を期待しています。

 いよいよレースまで一週間となりました。今日も朝から3連続トレーニングでした。内容がレースの為の練習が中心となってきました。スタートの浮き上がりからターンへの入り、ターンの浮き上がりからタッチと泳ぎだけでなくその他のテクニックも総動員して集中してもらう練習メニューになっています。
 しかしターンの前でしっかり呼吸して立ち止まってからターンをしている選手・勝負どころで平気でタイムを落とす選手・苦しくなってきたら簡単に泳ぎを乱す選手。日頃の練習は一体何だったのでしょう?
 これは夢かもしれません。夕方に転寝していたら鼻水が垂れてきました。どうやら風邪をひいたついでに悪い夢を見たようです。                                                             明日はレース前最後のタイムトライアル、スタートからタッチまでの全てが内容の濃い泳ぎとタイムを期待しています。
 韓国プサンへ遠征している選手達の様子も気になりますが、元気に買ってきてくれる事を祈っています。そして遠征した選手達も福岡地区代表選手として12月6日のレースではチームをぐいぐい引っ張ってくれるようなレースを期待しています。
 

 福岡と韓国釜山との姉妹都市の関係で、毎年交互に選手とコーチの交流が行われています。福岡地区の小学5年生と6年生の中から選ばれた優秀選手が博多港からフェリーで釜山に向けて出発していきました。
 我がクラブからはマコ・ナホ・ハルナ・レオ・イブキの5選手が選考されて元気に出発して行きました。近いとはいえ立派に海外です。いろいろな経験をして一回り大きくなって帰ってくれることを期待しています。
 そして来週の12月6日はいよいよ今年最後の記録会です。「終わりよければすべてよし」と言います。良い結果と次につながるレースをしましょう。

 いよいよレースの為の練習が始りました。スタートからの浮き上がり・ターンタッチの練習では集中してやっている選手とわざわざスピードを落としてターンに入る選手?タッチを流す選手?
 その為の練習なのに「なんやねん」・・・。レースペースを考えて泳ぐ練習ではあまり考えていないのが良く分かる泳ぎ・・・。
 最後のスタートダッシュでは良く浮いた良い泳ぎをしている選手がたくさんいました。終わり良ければ全て吉ということで良かったと言い聞かせて今日の練習を終了いたしました。
 テクニックは持っているのに使わない・使えない事が多すぎます。レースでは緊張したり、オーバーペースで苦しかったりした場面でもしっかりとやってもらわなければなりません。
 楽に泳ぐ練習や苦しい練習の局面でも使えるように、日頃の練習でも意識して泳ぐように心がけましょう。テクニックを磨く練習とそのテクニックをレースで使う為の練習なのか良く間が手と泳ぎましょう。

 今日の朝練習はテスト勉強の為に2名の欠席がありました。欠席は個人の問題です。テストにしろレース結果にしろ結果責任は自分が負わなければなりません。休んでもテスト結果が良く・レースに結果も良ければそれで良いのです。問題は両方悪かって場合言い訳が聞きません。
 今日の練習では一昨日のミーティングをしっかり実践している選手と、話を聞いていたの?と言う選手との別れました。聞きたくない選手又は話しているコーチがしっかりと価値観を伝えられなかったのかもしれません。いずれにしろ向上して行く選手と何も変わらない選手とに分かれる事は間違いありません。
 一昨日のタイムトライアルとミーティングに参加していなかったナルミが良い泳ぎとタイムで泳いでいました。コーチの考えている事やミーティングの内容は、参加していない選手の方に良く届くようです。
 コーチの努力はあまり役に立たないようです。選手自身の頭脳や頑張りがいかに大きいのかがはっきりしました。もしくは分析結果がテレパシーで届いたのかもしれません。
 東福岡の選手もテスト中にもかかわらず、練習に来たくれました。テスト結果が良い事を心から祈っています。筑紫の杉ちゃんもテスト中にもかかわらず練習してくれました。テスト結果が心配です。「勉強しなさい」と厳しく言うお母さんの話もきかせてもらいました。(母は強し・厳しい)優しく見えるのは外ずらだけだそうです。
 そのお母さんの頑張りで水泳も勉強も頑張る環境を作ってくれている事も理解して頑張りましょう。

↑このページのトップヘ