2016年02月

  春季全国大会へのチャレンジが終了しました。狙い通り上手く行った選手もいれば残念な結果に終り悔しさを噛み締めている選手もいます。
  何気なく頑張っている時は簡単に出来て上手く行っていた事が、狙えば狙うほど上手くいかなくなる事もあります。狙う程にプレッシャーが湧いて来ますが、此処からが 実力というものです。本気になるという事は遊び半分でなくなるという事です。家族やコーチの協力、仲間達からの応援そして芽生えてきたプライドなどを背負う事によってプレッシャーが湧いてくるようです。
  プレッシャーに押し潰されてしまうのか、力に変える能力を身に付けるのかは今後の人生において大きな違いがあるでしょう。日頃の練習や強烈なプレッシャーがかかる競技会を体験しながら強く逞しい人間へと成長してくれる事でしょう。
 上手くいかなかった選手も腐る事なく次への目標へとスタートを切りましょう。悔しさをバネに、其れは上手く行った選手には無いエネルギーに変えて。 

 いよいよ明日からのレースで全国春季ジュニアオリンピックの出場者が決定します。そして今年度は3月末の全国春季ジュニアオリンピックで終了と言う事になります。日頃だけでなく休祭日や夏休み・冬休み・春休みとひたすら強化練習を頑張って結果を出した選手だけが切符を手にするのです。
 地域の多くのクラブでも全国大会を目指して頑張っている選手もたくさんいますが、結果を出した切符を手にできる選手はほんのわずかです。
 夢を現実にし記録を突破した選手は決勝進出を目指し、そしていずれ表彰台のてっぺんに上がれることを夢見てさらに努力を重ねることになります。
 まずは全国大会を経験することから夢を現実にすることが始まります。最初から速くてスーパースターはいないのです。
 全国大会の切符が目の前にちらついている選手は何人かいます。このプレッシャーの中で結果を出す事は大変な経験になります。これはお金では買えないのです。必ずラストチャンスをものにしましょう。

 2月もあとわずかとなってきました。受験生の皆さんもそろそろ終了しほっとしているころと思います。
 来月には年度末に伴い卒業式や卒園式、そして桜の季節を迎えます。中には保護者の方の転勤などで引っ越しされる方も多くいることでしょう。
 そして4月には入学式や入園式とイベントが目白押しです。時間だけでなく出費もたいへんな時期を迎えます。
 日本は年度末のこの時期にこのイベントが行われますが、海外では9月が多いようです。アメリカ在住の春口サオリ選手が高校を卒業してアメリカの大学に9月に入学のタイミングがありました。この年の4月の代表選考会で泳力(タイム)はユニバシアード当確でしたが、高校生でも大学生でもないために選考されなかった事を思い出しました。
 年度末で今まで長い間一緒に頑張ってきた仲間と離ればなれになる選手も多くいることでしょう。区切りとして競泳から卒業するのではなく、新しい仲間を求めて新天地で競泳を継続してほしいと思います。

 全国JO突破者のクラブ別選手名と種目が県別に表記されています。スイミングクラブは選手がすべてではありませんが、安全が最優先されそして指導内容の向上がなされると選手レベルの向上へと繋がるものだと信じています。
 全国の突破者の人数を見てみると全国展開をしているクラブは思いのほか突破人数が少なく感じると思います。やはりコーチが退職や転勤で変わってばかりいるクラブは選手レベルの向上は難しいようです。
 選手とコーチそして保護者の方々との信頼関係は一長一短にはいかないのだと思います。一人のコーチが自信を持って指導していけるようになるには日頃の勉強意欲と経験が欠かせません。クラブ側もそこを大きな財産と考えているかそうでないのかが大きいのだと思います。
 コーチ陣が安定して指導に当たり、益々全国大会突破者を多く出せるクラブになるようにスタッフ一同頑張っていこうと思います。
 大阪の枚方スイミングや神奈川のダンロップスイミングなどは人数・レベル共に我がクラブの大きな目標クラブです。

 今日はオフテスト前の選手もいますが、ほとんどの選手は高得点のテスト結果で終了してくれたようです。赤点の選手は無いものと解釈しています。
 1月後半から競技会が続いて久しぶりの土日はサンドイッチ練習でした。筋トレも久しぶりの為に筋肉痛になっり練習量に心までもが痛くなった選手もいるかもしれません。しかしさすがに私のチームの選手は愚痴や文句は一切言いません。
 そして昨日の最後の練習はレぺでした。疲れている状態のなかでどれぐらい積極的に行けるのか挑戦する気持ちや戦闘モードに変われるのか?結果は良くやってくれました。
 50m×6回のタイムトライアルでしたが長距離のリクが最も良い記録で泳いでくれました。今週のメニューは短距離のメニューだったのかと再確認いたしました。
 そして今日のオフでしっかりリフレッシュして今月最後の土日のレースに備えましょう。この冬最後の大ブレイクを期待しています。

↑このページのトップヘ