2016年04月

 今日の朝練習は持久練習、自由形を全員で行いました。じわじわと真綿で締め付けられるようなきつさの練習です。ロングチームは常に週の中でメニューに入っていますが、スピードチームは慣れていないのできつかったと思います。
 しかし明日からの練習では自由形はもちろん個人メドレーの練習やS1練習にも入ってきます。ロングチームもスピード持久の練習がえげつなく入ってくる予定です。
 きつさや苦しさに負けない方法はしっかりとした目標がある事や、どのように練習する事がレースタイムに貢献できるのかがはっきりとわかっている事です。
 きつさや苦しさが努力や頑張っている評価では結果に繋がりません。苦しくなると悪魔がほほ笑みかけてきます。「これぐらい頑張っていれば良い結果出るんじゃない」そして、この声を聞いてしまうと自分にだんだんと甘えが出てきてしまいます。
 レース前に不安になったり、レース後にもう少し頑張っていればとか良かったとか、自信が無くなったとか・・・。
「後悔先に立たず」とは良く言ったものです。
 明日からは弁当の量を日頃より少し多めに持ってきましょう。

 今日の練習は久しぶりに全員個人メドレーの練習で同じメニューでした。個人メドレー(IM)の練習をは嫌いな選手とそうでない選手とはっきり分かれますが、得意種目で積極的に行ける選手とそうでない選手とに分かれます。IM練習で得意種目の得意が消えてしまう選手は、自分の存在意識が強くないのかもしれません。
 強くなる選手は練習の自分の姿を見てほしい選手です。強くなれない選手は他の選手に紛れ込んで自分を主張できない選手のような気がします。
 自分の得意種目なのに目立つ事が出来ない選手は本番の大切なレースの場面でも「輝けない」「目立てない」
結果になり、「レースのラップも悪くはないけど良い所は一つも無いね」と言う結果になっているような気がします。
 自分をアピールする練習に集中しましょう。強い選手は「自分だけを見てほしい」と言う気持ちが強くあるような気がします。今日のIM練習では強く感じました。
 いよいよ春の大型連休が近づいてきました。小さなころからこの年になるまでこの時期は練習の明け暮れていました。この時期にリゾートなどに旅行する方も沢山いますが、我々大きな夢に向かっている選手・コーチはここで頑張る事がプライド(誇り)と思って頑張りましょう。
 今年の強化練習は水中練習はもちろん筋トレにも気合を入れたいと計画中です。お楽しみに。

 今日の練習はゆっくりとした動きの中で練習が始まりました。歩くのもかがむのもスローモーションでしたが練習が進むにつれて筋肉痛がほぐれてきたようです。
 途中からは日頃よりきびきびと良い動きになってきました。筋トレの成果が早くも出てきたようです。
 雨にも負けず・花粉症にも負けず・PMにも負けず・筋肉痛にも負けず練習に向かうそんな選手(コーチ)に私はなりたい。
 

 日曜日に久しぶりの筋トレがあり今日は筋肉痛の選手がいるかもしれません。日頃の練習が足りないのかもしれません。足りない事に気が付いたらやり方は知っているのだから、各自で不足しているところは補いましょう。そして今日は貴重なオフしっかりと休養を取り、リフレッシュし月末から始まる強化練習に負けないからだと精神面を作りましょう。
 日頃から筋トレをしている選手は筋肉痛にはなっていないと思いますが、なっている選手はぬるめの風呂に少し長めに入りましょう。もちろんストレッチは欠かせません。
 明日からは県高校や九州高校を見据えた練習をしてくれる事を期待しています。

 我がクラブはスタッフ一同強化に向けてまっしぐらの雰囲気が満載ですが、一方で会員の方々には優しく少しでも楽しく接することを第一としてクラブ運営を心掛けています。
 そして今日はクラブ記録会でしたが、日本代表の選手に参加したいただき大きな目標に向かって頑張ることの大切さを示してもらったりした記録会もありました。今回はこじんまりとした身内だけで楽しめる記録会でしたが、参加していただいた選手、それをサポートしてくれた選手達、色々な形で後輩たちに存在感を示してくれた先輩やスタッフ。良いクラブ祭りになったと思います。
 熊本で大変な災害がありましたが、事あるごとに競泳に打ち込める自分たちの恵まれた環境に感謝して日頃の練習や生活を大切にしましょうと話しています。
 今日の記録会を通じてサポートしてもらう側と、サポートする側の気持ちが両方わかる事が今後選手としての幅が広がることだと思います。選手は色々な人から応援されるような選手になる事が何よりも大切だと思います。最後に勝つのは誰からも応援していただけるような人格の選手だと信じています。
 クラブ記録会のような身内の集まりの中でも大切な事は数多くあることを感じさせてもいらう一日となりました。

↑このページのトップヘ