2016年07月

 県中学も終了し本日は国体選考会。昔は各種目2名の時代もありましたが、今は各クラス標準記録突破者1名のみと厳しくなっています。
 今回内定の段階ですが、ホノカとフミカの2名が我がクラブから選考をされたようです。クラブとしても精いっぱい協力して送り出してあげたいと思います。クラブの代表としてはもちろんですが、福岡県の代表としてもしっかりとした自覚を持って頑張ってほしいと思います。又今回福岡県代表コーチとしても国体のコーチとして春口が選ばれました。名誉なことでもありクラブとしては同じくスタッフの代表としても送り出したいと考えています。
 さて、強化練習も明日で一週間が終了します。かなり疲れがたまってきたと思いますが、その中でも調子を上げてきている選手がいます。
 この2週間が勝負です。気持ちだけはリオオリンピックの選手に負けないように頑張りましょう。何といってもしっかりとした明確な目標と、その目標の為に何をしなければならないかが分かっている選手だけに大ブレークが待っている事でしょう。

 夏休み強化練習開始して3日目ですが、疲れが蓄積して選手・コーチ共に「まだ3日目?」先は長くこの先いったいどのようになるのでしょう。と不安感が出始めた今日この頃です。
 合宿でもそうですが、慣れてリズムができると日にちが過ぎるのがあっという間です。何事も日常になれば早く時間がたってしまいます。
 筋肉痛と体全体の疲れとがコラボした状態ですが、これも当たり前で日常になれば(慣れてしまえば)それほど苦痛ではなくなります。つらいことや苦しいことはいかに日常にしてしまうかで乗り越えていけるようになります。慣れる前にくじけてしまう人は永久に乗り超えることはできません。
 朝練習から筋トレそして課外授業2回目の水中練習と一日が流れていきます。内容が濃く今しかできないトレーニング生活を満喫しましょう。
 今日から中学生は県中学良い結果が出るとよいですね。残りの選手は2回目の練習に東平尾に向かいます。

 皆の記録会に参戦して春口チームのメドレーリレーが突破して12名の出場権利者が確定いたしました。目標を達成したわけではありませんが、二桁の選手が全国ジュニアオリンピック出場を決めてくれた事は選手・コーチ・クラブスタッフ一同大変うれしく思います
 全国大会の活躍はもちろんですが、今回残念だった選手は夏休みの強化練習を頑張って、次の春季ジュニアオリンピック出場目指して頑張りましょう。
 次のステージへのスタートは始っています。我がチームはフミカとホノカだけですが、来春は他の選手も全国大会に出場出来るように頑張ります。

 ジュニアオリンピック最後のチャンスが明日の記録会です。今回はもう少しできれそうな男子のリレーと切れる力を持っている選手。種目を増やしたい選手にに限って参加してもらいました。
 明日の結果で8月までの予定が全て決まる事になります。そして来週の28・29日は県中学兼全国中学予選となります。中学生で全国中学を目指している選手は結果に拘って頑張ってもらわなければいけません。
 我がチームの今日の2回練習はテクニックの見直しとスピード練習を中心に行いました。特に2回目の練習では村野選手に泳ぎも見せてもらいながら説明や気をつける事も指導してもらいました。
 しっかりとした目標タイムやテクニックを頭に入れながら明日からの練習に向かいましょう。

  大学生・高校生と小学生は全国大会出場者がほぼ確定し、残すは月末の県中学で中学生の結果を待つのみとなりました。試合が終了したばかりですが、選手は次の目標へと練習が再開しました。
 大学生と高校生は泳ぎ込みをする時期ですが、せっかく高いレベルまで持って来たのでレベルダウンすることのないように練習しましょう。
 中学生は地区大会から県大会へと連戦が続きます。体調管理に気をつけモチベーションも落とすことのないように常に意識しておきましょう。
 今日は終業式の所も多くいよいよ夏休みですが、ほとんど課外があり一日中お休みになるのはお盆前後だけのようです。夏休みと言えるのか納得いきませんが、両立は口で言うほど簡単ではないようです。
 じっくり鍛える時期がないまま常に良い記録を狙うと言うのも選手にはかわいそうな気がします。

↑このページのトップヘ