2017年05月

 以前は2月に短水路の日本選手権が開催されていましたが、短水路のレースが重要視されなくなったのか開催されなくて時間がたっていました。そのうちに我がチームから日本選手権の出場記録を突破できる選手が出なくなりわしれていました。
 そんな中先週の年齢別選手権で久しぶりにカイキが標準タイムを突破してくれました。11月末に東京で開催されますが、その辰巳の会場の横では東京オリンピックの水泳会場が急ピッチで工事中です。大会はもちろんですが、建設会場を見るたびに大きなモチベーションをもらえます。
 全てのチャンスは逃さず自分の力に変えていくこともとても大切な事だと感じました。レースのたびに少しでも多くの事をつかみ取る意識で参加する事は自分を大きくする為に大切です。
 他の選手も置いていかれないように高い目標にトライしましょう。

 しばらくブログをさぼっていましたが、再開したいと思います。中津城の勝ち守りをもらいに行ってきました。このところ勝負に対して私自身の執着心が薄れているのではと思い行ってきました。戦国時代の武将の緊張感や命がけの勝負に少しでも近づき、夏のシーズンに向けて再出発する気持ちの確認をしてまいりました。
 先週末は鹿児島で西日本年齢別選手権が開催され我がクラブからは41名の選手が参加しました。日曜日には体育祭が開催される地区が多く、不参加や土曜日だけの参加となりました。しかしその状況に中でも参加人数は最多で他のチームを圧倒していました。
 日頃の選手とスタッフの努力のたまものと大変に嬉しい気持ちになりました。西日本の大きな大会で小学生の10歳以下から大学生や社会人の選手まで多くの選手が集まるマンモス大会でした。
 我がチームの選手は優勝から入賞まで多くの選手が予選を勝ち抜き決勝レースをわかせてくれました。このレースを期に大学生・高校生・中学生・小学生と別々のグループでの競技会へと移行して行きます。
 いよいよ夏シーズン到来です。来月の中旬の県高校から戦いがスタートです。戦いモードに突入しましょう。

 昨日はカエデ選手が1年9カ月ぶり?のレースで選手として再デビューを飾りました。レースは身に行けませんでしたが逐一メールにて報告を受けました。2月から体を絞るトレーニングとテクニック練習に頑張ってきたかいがありスピードは高校時代より早くなっているかも・・・。
 大学生なので自分の目標に向かって努力する楽しみを満喫してほしいと思います。結果がついてきて益々楽しく競泳が好きになってくれる事を願っています。
 今週はジャパンオープン・来週は年齢別と選手にとって大切な時期ですが、学校では中間試験が真っただ中。こちらも大切な学生の本分なので頑張って下さい。両立が大変でストレスから胃腸炎になっている選手がいます。解決方法は簡単です。両方共に好きになる事です。(難しいかも)

 今日は渋滞が心配される中スムーズに帰ってくる事が出来ました。4月29日から飛び飛びではありますが朝練習と合宿で10日間ほどの強化期間が終了いたしました。そして今月はジャパンオープン(東京辰巳)そして月末の西日本年齢別(鹿児島)と続きます。
 今回の合宿では選手は良く頑張ってくれましたが、コーチの私が風邪をひき迷惑をかけました。マスクをし氷嚢で頭を冷やしながらの指導でした。体調管理のできないコーチは無様なものです。今後気を引き締めて参加するように反省したいと思います。
 今回の練習はしっかりと頑張れる内容の練習まニューでした。量的にはかなり少ない合宿となりましたが、どれぐらいのスピードで泳がなければレースに繋がらないのか考えながら泳いでもらいました。
 レースに繋がる練習が出来たのかは試合の結果が証明してくれる事でしょう。明日のオフを利用してしっかりとリフレッシュして下さい。

 我がチームとHチームは明日朝練習終了後に阿蘇へ向かって出発します。昨日と今日の練習でかなりの筋肉痛の体で長水路のプールへと向かいます。
 今日の練習では筋肉痛の体に割には良く頑張って練習してくれていました。中でも高校生は来月の中旬には県高校が開催されます。ここで6位以内に入らなければ高校生としての夏シーズンは終了です。
 何と梅雨が来る前に夏シーズン終了と悲しすぎる結果になってしまいます。またインターハイが目標の選手は勝負できる泳ぎをしておかなければ絵に描いた餅で終わっていまいます。
 高校生は将来が決まる大切な時期を迎えています。高い目標に向かってより一層の努力をしましょう。高3年生はやり直しがきかないシーズンがいよいよ目前となってきました。

↑このページのトップヘ