2017年07月

 福岡県中学兼全国中学予選が終了しました。マコちゃんキミちゃん全国中学の切符ゲットおめでとう。あと少しだったソウタ・ナホ・ハルナなど沢山のもう少しの選手この悔しさを次へのモチベーションに変えましょう。
 そして今日は国体の選考会議でした(。内定の段階なので正式な発表を待って下さい。)ほんの少しの所で選考されたり外れたり、各県一人なので大変に厳しい選考でした。選考されて本線に参加する選手は選考から外れた選手の分まで頑張ってほしいと思います。
 これで全国JO夏季大会・全国中学・全国高校・全国大学選手権・国体への選手が決定しました。全国大会へ向けてさらなる強化の選手と九州ジュニアや末広杯へ向けての強化の選手と目標がわかれて夏本番が始ります。
 この夏の結果を受けて冬の強化対象選手が決まります。少しでも高いレベルへ到達してくれる事を期待しています。

 選手コース5クラスの先頭を切って我がチームが合宿を行いました。我がチームは中学生~高校生そして大学生と全員一緒に合宿できる期間が無い為に九州高校が終わったこの時期に行いました。合宿中に県中学の結果が入ってきました。マコちゃん・キミちゃん全中の切符ゲットおめでとう。女性の選手は特に年齢とともに難しくなります。ますます高い目標にトライできる選手へと成長してくれる事を期待しています。
 さて、合宿に参加した選手は疲れ切っていますが、無事に帰ってまいりました。明日明後日と合宿以上の練習が待っています。頑張りましょう。
 夏のシーズンの結果が秋以降の練習計画に大きく影響してきます。覚悟を決めましょう。

 今年も夏休みに入りましたが、我がチームは高校生と大学生が中心のチームです。大学生は前期試験の真っ最中、そして高校生は夏休みに入りましたがほとんどは課外と言う実質授業で夏休み感ゼロです。
 インターハイを考えるとこの時期にどうしても合宿をしておきたい為に明日から阿蘇での合宿に向かいます。しかしチームの選手はごく少数です。その上に九州大会決勝前に足にひびが入った選手もいてトレーニング計画が心配です。
 高校生のレベルは毎年上がっていますが、ほとんど夏休みは強化が出来ない中どのようにしてレベルを上げろと言うのか愚痴りたくなります。高校生がまともに夏休みとしての時間がとれるのはお盆の時期の一週間程度です。15日から16日にはインターハイの会場に向かう選手達は日頃の中でレースタイムの向上を図らなければなりません。
 高い目標の中学生の選手には高校選びも大切になってきます。もちろんレベルを上げるにはトレーニングと共に食事や休息時間も大切な要素になります。頑張る選手には一日48時間ぐらい与えてほしいものです。

 今月末は県中学。全国中学県予選、この難関を突破した選手が8月17日から鹿児島で開催される全国中学に出場する事が出来ます。日頃の練習の成果を十分に発揮し夢の大会へ進む選手が多く出る事を期待しています。
 そして我がチームの合宿(25日から)を皮切りに選手コース5チームの合宿と育成コースのが合宿、そして朝練習の強化練習が計画されています。
 参加し始めの頃は(まだまだ時間がある)の感覚ですが上達と共に年齢との競争になります。当然全国大会は年齢が上がると共に参加標準記録は厳しくなって行きます。選手は心から本気になる年齢が選手によって違います。本気ならないのに全国大会に出場する選手はなかなかいません。
 中学の地区大会では部活だけでも何とかなる選手もいますが、県大会の決勝ともなるとかなりの期間選手コースで練習した選手でなければ活躍できないんぽんぽ現実です。
 心も体も強く、人には優しい人に育っていってもらいたいものです。鍛える事の大切さはプレッシャーがかかった時に強く感じます。

 昨日九州高校(長崎)から帰ってまいりましたが、大学生と一名の中学生がいるのでさっそく練習をしました。高校生は自由参加ですが一名の選手が参加してくれました。大切なレースが終了し、全国大会に夢と目標を新たにして練習に精を出していきましょう。
 高校生の選手は疲れて帰っても朝から課外と言う名の授業が待っています。大変だと思いますが、将来を夢見て学問も頑張ってもらわなければなりません。大人という肩書を身につけ社会人として活躍するまでにあと数年しかありません。
 その中で競泳と言う目標を達成した選手は、たくましい生きる力を兼ね備えた人になってくれると信じています。
我がクラブには多くの後輩がいます。彼らの目標で憧れにもなってくれる事も期待しています。

↑このページのトップヘ