2018年02月

 早くも今日で2月も終了です。泳ぎ込みが再開され、選手達の顔には頑張らなければの決意が溢れています。筋トレでの筋肉痛に顔を歪めながらも一生懸命に頑張っている選手には良い結果がついてくる事を祈っています。
 タクヤが卒業し大学での練習へと巣立ってゆきました。大学生活を満喫し一回りも二回りも大きく育って立派な社会人へと成長してくれる事を信じています。
 大学受験を終了し再びトレーニングを再開した選手達はしばらく苦痛の連続かもしれません。しかし頑張って勉強し目標の大学に見事合格を果たし、すぐに練習を再開した心意気には敬服します。
 しっかりとした目標と将来への夢を持っている事が何よりです。きつい事をやらされているのではなく、自分から積極的に立ち向かっていく姿勢は尊敬に値します。
 練習再開で気持ちが乗っている間に元の体力を取り戻し、3月からの練習では競技会での目標を意識しながら練習できるまでにレベルを戻しましょう。
 3月は練習三昧になるかと思います。この時期に気をつける事をしっかりと頭に叩き込んで練習に参加しましょう。

 全国春季JOの最終レースが終了いたしました。参加人数は増えませんでしたが、個人の参加種目が増えレースも盛り上がり大変に良い結果となりました。日頃からしっかりとした目標を持ち、その目標に向かって努力した選手はコーチだけでなく仲間たちも認めてくれました。その結果がレースタイムに良く出たと思います。
 レース結果で感動の涙と悔し涙が見られましたが、その涙が次へのステップへと繋がっていくと信じています。もちろんコーチや応援に来てくれた保護者の皆様にも感動が伝わったと思います。
 レースは日頃の練習が必ず出ます。レベルが上がれば上がるほど周りの協力してくれる人たちを納得させる結果を出す事は難しくなります。土日の結果を踏まえ、レースの感覚が残っている間にしっかりとした次への目標を確立しておきましょう。それが今週からの練習に反映される事が最も大切な事と思います。

 受験生の戦いも後半になり公立高校を残すのみとなりました。今月も残り少なくなり今週末で全国大会参加者の決定します。進学と共に桜の咲く時期を迎え、夢と希望に満ちた新学期がやってきます。
 日も少しづつ長くなり、新緑と共に学問も水泳競技も本番を迎えます。ピョンチャンオリンピックの競技を見て体格が劣っていても、工夫と努力で何とかなると言う勇気もいただきました。
 選手達の活気と共に今週末から全国大会そしてシーズン本番へと、ホップ・ステップ・ジャンプと大きくステップして行きましょう。
 土曜日からはキララへ向かう選手と残って次へ向かって練習する選手とわかれますが、来週からは早くも泳ぎ込みの時期になります。持久トレーニング・スピード持久トレーニング・筋トレとどれも地味できつい練習ですが大きな夢に向かって頑張りましょう。

 九州大学に合格したリクに続きカイキが見事に西南大学に合格いたしました。両名とも夏までしっかり競泳の練習と試合をこなし、そこから猛烈に頑張って見事の桜を咲かせました。文武両道とはこの事です。後輩たちも続きましょう。
 我がチームの高学歴大学生はさっそく練習も再開しています。半年のトレーニング不足の為にすっかり落ちてしまった筋肉はスポーツ選手では無いかのようですが、筋肉痛と戦っています。
 そして今週末のレースでは後輩たちが先輩たちの頑張りに負けないレースを見せてくれることを確信しています。今日も明るく良い練習をしていました。気候もあたたかくなり始め夏シーズンに向けて練習とレースで肉体も気持ちも高めていきましょう。

 10歳以下のメドレーリレーとフリーリレーが両方切れたので全国春季JOに出場15名になりました。目標は20名なのでまだまだです。しかし初めての全国大会の選手も何人もいます。さらに高いレベルに向かって頑張ってくれるものと信じています。
 ピヨンチャンオリンピックでは羽生選手と小平選手が金メダルをゲットしました。我々競泳は採点競技ではないので小平選手には小柄な体格でスプリント種目をぶっちぎりで勝ったレースには感動しました。凄いとしか言いように無い素晴らしさで、日本人でも世界で勝負できると教えてもらいました。
 今週末のレースが最後で全国大会が決まります。最後まであきらめずに頑張りましょう。最後に競技会を遅くまで運営してくれた組織とお手伝いを頂いた競技役員の方々には心からお礼を申し上げます。

↑このページのトップヘ