2020年02月

 パソコン故障のために暫くお休みしていました。今日から再開したいと思います。キララカップから一週間たち、いよいよ全国大会最後のチャレンジが来週末にキララプールの会場にて開催されます。
 今日の練習はいつも通り水中トレーニング、筋トレ、水中トレーニングの練習をしました。先週は中学生と高校生が3学期末テストで大変厳しい一週間でした。ナホとココロが公立に合格していよいよマル選手を残して全員トレーニングが開始されます。
 今日の練習では、来週のレースに向けて選手みんながしっかりと自分を追い込んだ泳ぎを見せてくれていました。1回目の練習は自由形を中心に、筋トレ後の2回目の練習ではS1で乳酸トレーニングで追い込んでくれました。この練習が来週末のレースにこつながることを期待しています。

 明日からキララカップに出発します。山口水泳連盟の皆様お世話になります。山口の競技会には年間かなり多くの競技会に出させていただいています。毎回思いますが、選手ファーストそしてコーチセカンドが徹底されていて素晴らしい競技会運営には感激します。
 何のための競技会なのか、だれのための競技会なのかが競技役員全員がよくわかっているのだと思います。各クラブのコーチ選手には評判の競技会です。鹿児島から滋賀・大阪のチームまでかなり広範囲のチームが参加しています。また日本のトップ選手が招待されレースはもとより練習風景も見ることができます。今年はセントラルのカツオ選手も出場してくれるようです。選手・コーチともにとても楽しみです。日本選手権のような競技会に出場しなければ見ることができない選手です。保護者の皆様もしっかりと目に焼き付けてください。
 全選手とコーチそして保護者の皆様も笑顔で帰ってこれることを期待しています。

 九州カップのレースを見て感じたことを反省材料として、ミーティングをしてから練習に入りました。朝一の時間なので眠くて話は聞けないかと思いましたがは、全員集中して聞くことができました。
 早速集中して泳いでくれましたが、聞くのとやるのでは簡単にはいかないようでした。しっかりと前に進みながら重心を使うのはなかなかむつかしいようです。
 少ない筋力でも早く泳ぐにはテクニックレベルを上げるしかありません。金曜日まで集中して練習しキララカップに向かいましょう。
 いよいよ選考会も近づいてきました。わがクラブから選考会の場に一人でも多く立てるように頑張りましょう。

 大きな目標をもって参加した九州ジュニアが終了しました。かなり多くの選手がベストタイムを出してくれましたが、目標が高かったためにがっかり感が強い結果になりました。大切なことは何がうまっくいって、どこがうまくできなかったのか?そして明日からの練習はどこに集中して練習に打ち込むのかが何よりも大切です。
 リラックスして泳いだレースと、狙ったり極度の緊張感の中で泳いだレースとではかなり違うことも経験してくれたことと思います。
 予選と決勝とでタイムを上げてくれることは今後に向けて大変に大切なことです。決勝でタイムを落とすことは精神面だけでなく調整力にも問題があるかもしれません。
 今週末はキララカップに参加します。キララカップは長水路でのレースでもう一段高いレベルの精神面の強さが要求されます。泳ぎにしろ、ペースにしろ、戦う精神面にしろ目標やレース展開をしっかりと決めて練習に集中しましょう。
 競技会に参加するたびにレベルアップができ、課題が見つかり宿題が増えることを期待しています。

 朝5時から所属にて九州ジュニアに向けての練習が始まりました。みんなリラックスしていてよい顔つきをしていました。また受験や残念ながら標準記録を突破できなかった選手の練習も終了し、今から西総合プールへ向けて出発します。
 参加選手は一足先に本番のプールにてスタートやターンの練習をしていてくれていると思います。いよいよ競技会が始まります。まず、予選突破が第一目標です。あと少しでJO突破の選手が何人かいます。予選から簡単に突っ走てくれるとうれしいです。

↑このページのトップヘ